一般社団法人北海道総合研究調査会

新卒 【求人番号】S-22-2722

本会は、独立系のシンクタンクとしてそのフィールドは北海道、全国、世界へと広がりを見せ、主要契約先は厚生労働省、農林水産省等の国の機関やJICA等の外郭団体のほか、北海道や札幌市など道内自治体が中心。

求人内容のお問い合わせは「札幌UIターン就職センター」まで
連絡先 TEL:03-6734-1052
求人情報は既に募集締切の場合もございますのでご了承ください。

会社名一般社団法人北海道総合研究調査会
本社住所 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西6丁目1番1 毎日札幌会館
代表者名 理事長 五十嵐 智嘉子
設立1975年10月
従業員数(全体)28 名
業種
  • サービス
事業内容

本会は総合地域シンクタンクとして1975年の創設から40年以上、時代の変化や人々のニーズの変化を見据え、地域課題を分析し、地域とともに対応策を検討し、試行している。
具体的には、地方創生、産業活性化、国際協力・国際交流、医療・介護の連携、地域福祉、働き方改革など、豊かな地域社会づくりのための政策や事業、プロジェクト等に関する調査研究、企画提案、情報発信等を実践している。

募集職種

シンクタンク研究員

  • 職種分類
    その他
雇用形態
  • 正社員
募集人数 2 名
職務内容

シンクタンクの研究員として、各部ごとに次の業務を担当する。  
【調査部】人口減少社会への対応策として、コミュニティの創出・再生、地域交通の確保、脱炭素社会構築に向けた地域の課題解決に資する調査研究を行うとともに、企業や大学、研究機関、ソーシャルセクター等と連携し、まちづくりの実践的事業と新たな仕組みづくりに取り組んでいます。
【情報企画部】日本と海外を結ぶコーディネーターを目指し、主に国際分野での調査研究活動を行います。とくに北海道で培われた技術や知見を活かし、農林水産業・建設・観光・情報産業・健康医療などにおいて、ロシアNIS等ユーラシア諸国への企業進出支援・人材交流を推進します。
【医療介護研究部】人口減少社会における社会保障の仕組みに関する調査研究をもとに、地域において多様な主体が力を発揮できる新しい地域社会の実現に取り組んでいます。また、自治体の医療・介護・福祉に関する各種計画策定等の支援を通じてまちづくりに関わるとともに、地域における医療・福祉分野の調査研究を幅広く行っています。

勤務地札幌市中央区北4条西6丁目1番1 毎日札幌会館3階
最寄り駅
  • JR 札幌駅 徒歩5分
  • 地下鉄南北線 さっぽろ駅 徒歩5分
自動車通勤不可
就業場所従業員数28 名
対象学部・学科不問
必須要件・資格普通自動車免許
歓迎要件クラブ活動・サークル活動への参加者歓迎
求める人材像業務知識習得や情報収集に意欲的であり、困難な業務や新しい業務にも積極的でチャレンジ精神・好奇心旺盛な人材
学歴
  • 大卒以上
賃金・給与 月給 205,000円 ~ 210,000円
手当
  • 固定残業代(15h分)含む 23,445円~24,010円
固定残業制採用(15時間分)
通勤手当あり(上限100,000円/月)
就業時間
  • 9:00~17:00
休憩時間
  • 12:00~13:00 (60分)
シフト制なし
残業(月平均時間)15 時間
休日 等
  • 休日
    土曜日、日曜日、祝祭日
  • 年間休日
    125 日
  • 有給休暇
    初年度
    10 日
  • 年末年始
    6日
  • 夏季休暇
    3日
  • その他
    特別休暇(慶弔休暇等)、夏季休暇は土・日・祝日との連続で5連休以上となる。
加入保険 等
  • 健康保険
    あり
  • 厚生年金
    あり
  • 雇用保険
    あり
  • 労災保険
    あり
その他福利厚生
  • 産休・
    育休制度
    あり
  • 介護休職
    制度
    あり
  • 財形制度
    なし
  • その他
    その他:育児・介護・その他健康上の理由による在宅勤務、総合福祉団体定期保険への加入
採用時の赴任旅費 等補助あり(赴任支度金:100,000円(単身者)、赴任旅費:実費支給)
退職金制度 等あり(勤続1年以上)
定年制 等定年60歳/再雇用65歳
研修制度新人研修(2年間:スキル向上を目指したOJTによる実務指導)
社内イベント※新型コロナウイルス感染防止対策のため休止中
会社ホームページhttp://www.hit-north.or.jp/(別ウィンドウで開く)
特記事項

・試用期間:あり(3ヶ月)夏季賞与は不支給となります。